c0099086_1272342.jpg

「きつねのはなし」という本、やっと読み終えた。

小説を読む時は、献血をしてる最中と勝手に決めているので、久しぶりの献血で読み終えた。

舞台は現代の京都。

しかし、舞台が京都だけに、何故か摩訶不思議な店や魔物を登場させた不思議な小説。

読んでると、また京都、散策に行きたくなります・・・・・
[PR]
by tatsu-t1 | 2007-08-20 01:31 | EOS kiss Digital N
<< 扇風機・・・・ ピンク >>